便利なツール

名刺の電子化における問題と名刺リーダーの登場

名刺の電子化をによる管理の考え方は、パソコンやインターネットがオフィスに普及し始めた頃から広く認識されてきました。しかし、実際にそれを行う人が少なかったのは2つの問題点があったためでした。 1つは電子化した情報を外出先で確認しづらいということです。この点はノートパソコンの普及に続き、スマートフォンが広まったことで解決されてきました。 そして、もう1つが名刺の電子化にかかる作業の大きさでした。多くの情報が詰まっている名刺から必要な情報を取り出して整理する作業は時間も労力もかかるものであり、膨大な量の名刺の電子化を行うよりはむしろアナログな名刺管理を選ぶことが多かったのです。これを解決する方向に導いたのが名刺リーダーの登場です

スキャンの精度を高める高性能化へ

名刺リーダーの登場によって名刺に記載されている情報を機械的に読み取って電子化することが可能になりました。これによって、リーダーに読ませるというだけで名刺に記載されている情報を電子化して整理することが可能になり、名刺の電子化が広まることになりました。 しかし、名刺リーダーの課題としてその機械的な読み取りの精度が残されています。名刺リーダーには専用のソフトウェアが付属していて手作業で読み取りの指示を与えなければ正確に読み取ることができないこともあります。また、デザイン性の高い名刺を利用する人が増えてきたことによりスキャンの難しさも高まってきていることから、名刺リーダーの高性能化が今後進められていくことになるでしょう。